ベテランの音 #0113

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

軋みの激しい

キッチン部屋の床を

修理して貼りなおす工事

思ってたよりも

傷んでいたとの事で

2日にわたるものとなっている

きょうは仕上げの

フローリング作業

トントントンと

頻繁に音がする

それを聞いていた母が

面白そうに言った。

トントンという音が

数回して止み

絶妙な間合いでまた

次にトントンと音がするという

トントン音がし始めて

うるさいな、と

思うギリギリのところで

音が止み、間合いが取られる

それが

「あーうるさい!!!」と

思うか思わないかの

スレスレのとこなんだって

騒音として

気に障らないよう

意識してるのかな?と

思ったけど

たぶんそれよりも

職人としては

自分のやっていることに

神経を配りたい

と、思うと

確実にやりたいことが

できてるかを確認しながら

やる必要があると

判断しているであろう

自分のやっていることに

オーケーを出しつつ進む、

自分の把握できる中で

確実に。

そう考える人が発する

自分の納得の間合い

それにより生ずる音を

受け取る側の

また同じ程度の心地よさを

もち合わせる

人間であるという理由の上の

何かのどこかの感覚に

響くのではないかしらん

人がすること全てにおいて

その人の全てが、考えが

現れるんだなあ、まさに!

うるさくないようにやる

ではなく

自分が納得しながらやる

というYesプラン♪


推測だけどね


なんて人間て面白い♪

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す