世界のヒトの数だけ真実がある

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

最近、何か
起こった出来事を

いいこと悪いこと、と
すぐに
ジャッジすることが

めっきり
減った


というのも
起こる出来事が

後になってから
このため
だったのか!

と、思わされたり

いろんな役割を
多方面で
果たしていて
くれたり


そんなことが
多くて

起こった周辺で
いいことだった
悪いことだった

という
判断をすることが
できなくなって
きてしまったから


そして
そうなって
改めて

いいことと
いう判断であっても
ジャッジなのだと

気づかされる


ジャッジしない
というと

どうしても
ネガティブな方の
ジャッジメントを

想像して
それをやめようと
してしまうのだけれど

ネガティブだけを
やめるって

できないんだよね


だって
光と影は
つい、だもの

美しい醜い

善い悪い

正しい間違った

役に立つたたない

片方を
決めつけなくなると

もう片方も
決めつける必要が
なくなり
消えてしまう


そうすると
その出来事には

360度
それぞれの
見方が

ただあるだけになる

360通りの
いや

世界に住む
ヒトの数だけ分の
見方が


***

アレクサンダー教師の
トミーさんは

よく
定義を保留してみて
という
言葉を使う


その、世界に住む
ヒトの分だけの
見方がある
というのは

それにもちょっと
似ているかもしれない


私はこれができない
いつもこうなってしまう
私にはそう思えない

これは苦手
私には無理
そう言われてきた

こういったものは
全て

自分にとっての
真実ではあるけれど

ただの定義であり

全て、その人の
経験にもとづく

習慣的な
自分の見方にすぎない


そしてこれらは
本当の真実ではない


真実は
世界のヒトの数だけある

いやきっと
トリの声や
植物の声

カードの声や
天使の声も
入れたらいいかも♪


そうやって
自分の世界に

さまざまな見方を
するものを
招きいれる

そんな
ジャッジメントの
存在しない
世界へ変えるやりかたも

なかなか
素敵な気がする♪

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存