自分と、ヒトとのあいだを楽しむ♪

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

ヒトは
さまざまな
経験をし

何かを習得したり
学びを得たり

それはまさに
生きる

ということな
わけだけれど

それが今度
時間がたった時

逆にその人の
制限となって
しまうことが

ある
というのは

なんだか
とても
妙な気が
したりもする。

ずいぶんと
回りくどい
というか

あやうげな
やり方という
そんな感じ

でも
その制限を

はすしたいと思い
外す時の

その
きらめき

その美しさには

ココロを
とても大きく

ゆりうごかされる
ものがあって

もしかしたら
その美しさを
見るために

味わうために

ヒトはそんな
回りくどい
ことを

しているのでは
ないかと
思ったりする。

もしヒトが
そうやって

自分に
制限を
作ることなしに

何かを手に入れたり
学んでいけると
したら?

その美しさは
なにか

もっと違う形で
発揮されるの
だろうか?

***

以前、
ヒトの誠実さを
見るのが

なんて自分は
好きなんだろうと
思ったことが
あって

って書くと
なんだか
変だけど(笑

その誠実さというのは
そのヒトが

自分自身に対して
発揮する
誠実さ

それを
見たり聞いたりして
感じると

もうなんか
満ち足りた
気持ちになる

もしかしたら自分は
誠実さという
エネルギーが

大好きな
妖怪かもしれない!

とか思ったりも
したけど(笑

ヒトが
自分の制限を
外す瞬間が

美しいと
思うのも

もしかしたら
そういった
あたりの

感性と
リンクしてるかもね

こんな風に
ヒトは、

自分は
こういうヒトなんだと

制限というか
枠を作る

この「妖怪」という枠は
私にとって
どういう
意味があるのだろう?

「自分は
こういうヒトである」

というこの枠は
私の
なんの役に
たっているんだろう?

こういう枠、制限を
作るときに

他から自分を
分けるような
区別させるような

そういう
作り方は
したくない

無心に
感じるままに

ただそこに

結果的に
枠となりえるものを

作り上げる作業と
なることを
ただ、する。

そんな人生の
体験の仕方が
いいかもね

楽しみ、感嘆し
ワクワクし

違いをとことん
楽しむ

そんな
ヒトと自分との
あいだの作り方に

しばらく
チャレンジして
みようかな

積極的に
間違えながら♪

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存