積極的に間違えてね♪

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

この合宿で
素敵な言葉に
出会っています


その中のひとつが

「さぁどうぞ
積極的に間違えて♪」

そう言われて
エクササイズへと
送り出される

そうすると
とても
気楽に

冒険できる

そんな自由さを
もらったと
思えるのは

私だけでしょうか?


失敗を
ダメなこと
悪いこと
だと思う

それは
真実ではなく
ジャッジ

そういう
思い込みを
持っていたら

もしかしたら
縁起でもない!と

思う方も
いるかもね


でも
人が学ぶ
ということに
おいて

失敗するというのは
必然なのです


失敗したことが
ないというのは

チャレンジした
ことがない
というのと

同じ

そう言う
人もいるくらい


あのエジソンも
自分は
何万回失敗して
やっと成功した!

とは
言わず

何万回もの
違う結果を
得られただけ

と、言っています


失敗は
嫌うべきものでは
なく

責める
ものでもなく

反省する
ものでもない。


ただそれをふまえ
次の
実験の
材料にする

それだけの
ためのもの



失敗が
許され

非難されない
状況である
というのは

人が学ぼうと
している時

とても
大事にすべき
要素の一つなのです


失敗が
恐れるものに
なってしまう時

チャレンジを
しないという

とても残念な
もったいない選択を

どうしても
取りがちに
なってしまう


だって
誰でも

しちゃダメ
と言われたことを
したくないし

非難されたり
罰が
待っていたり
したら

絶対に
失敗しちゃ
いけない

したくないと
思う

それは
当然のこと
だものね


失敗しても

自分や
他人の命に
関わらない

誰にも
何にも
言われない

そんな
「安全な場所」を

ぜひ
自分に作って
あげて

そうして
自分に
言ってあげよう♪

「どうぞたくさん
間違えてね♪」

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存