自分が全世界のヒトを必要としている理由は♪

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

最近
ヒトと自分との

ステキな
お互いさま感を
感じるのね

たとえば
苦手なヒトがいたり

怒られたり
嫌われたり

好かれたり
自分も
好きだったり

いろんなヒトとの
関係性があって

やっぱり
苦手なヒトは

避けたいって
思ったりするけど。

それでも
ヒトとヒトが
会う意味は

ちゃんとあって

必ず何かお互い
学びたくて

会うことを
選んでいるから

何かが
起こるんだよね

それもどちらか
一方ではなく

両方ともに

同じことではなく
違う学びを
きちんとしている

どんな
関係性で
あろうとも

もれなくお互いが
学びを得る

必ず学ぶものがある

そして
両方とも

お互いのため
相手が
学ぶための

役割も
果たし合っている

起きることすべてに
意味があると
思ってはいたけど

なんか、それが
両方向に
そうだというのを

あまり実感して
いなかったなぁ


***

先日、ほんとに偶然に
思いもかけないところで

お友達の
シータさんに
ばったり会ってね

もちろん
おしゃべりしたい
と、思ったし

少し時間があったので
じゃぁお茶しようか、と

一緒にお茶をして
別れたんだけど

それが本当に
なんだか

用意されてたような

すでにもう
知っていたような

そんな感じがして
しかたがなくて

お互い
時間ある?
なんて聞きながらも

ここで
会ってこれから
お茶するのは

なんかもう
約束ずみだったような
そんな気すらしてた

知りながらも
丁寧に、その

知っているシナリオ
通りに
進んでいく

そんな
不思議さを
ずっと感じてた

だからって
何か
世界を変えるような

そんなすごい
意味や必然が

あるわけでは
今のところないけど(笑

でも、
お互いの人生に
必然の

なんかの意味が
あるんだなぁと

この必然で
ありながらの

お互いさま感
というのが
なんか

とてもいいなぁって
思えて

最近
全ての出来事が

そんなふうに
感じられて

なんだか
不思議さと

嬉しさを
感じていたりする

どこかに行って
何かを見つけたり

体験したり

思い出したり

会話したり

そんなのが
もうぜんぶ全て

キラキラと
撚り合わさって

自分が決めてきた
タペストリーの
デザインの

形を
作り上げていく
それを

見させられているような

そして
全てのヒトが
それをやっている

そんな事実

誰かのために
役割を
担ってあげているとか

担ってもらっている
というのでは
なく

本当に
それは等しく
お互いさま

そうやって
全世界のヒトが

全世界の他人を

お互いを必要と
しているんだね♪

***
メルマガでは最新コラムを3日早く配信中!
早く読みたーい!
まっきーと繋がりた〜い!
という方はこちらへ→
***

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存