ヒトの形にとどまることで、何がしたいんだろう?

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

先日
桜舞う中
訪れた

寄生虫博物館

英会話レッスンの
ネタに話したら

44歳アメリカ人
フリーランス

あまり
嬉しくなかった様子。。。

ニョロニョロする
形状のものに

人は無条件で
嫌悪を感じる
というのは

仕方のないもの
でありますからね

でも、展示を見て
その生態を知ると

生命の可能性に
感嘆せずには
いられなくて
つい

もっと英語が
話せるようになったら

改めて見所を
説明し
勧めてさしあげましょ♪

***

なんたってもう

彼らの
進化というのは

すさまじいの
ですよ!!

本当に
不必要な
カラダの器官を

どんどん
手放していくの

寄生して
栄養をいただくため

体を動かす
という機能は
必要なくなる

足も手も
目もいらない

そのかわり
宿主に
しっかり
係留するための

鋭い牙や
固定するための
アイデアあふれた
カラダになる

まわりが
栄養だらけなので
口から限定する
必要もない

体表から
栄養を
吸収するようになり

その面積を
増やしていく

その結果
体の中は
腸と
生殖器官だけ

とかね!

他にも
自分の種を
残すための

驚愕な技には
めまいがするほど

生き物って
こんなに
不必要と
判断したものを

自分の
体から
なくしていけるんだ
って、びっくりした

それはある意味
環境に対応する

柔軟性とも
言えるんだろうけど

そして
ヒトだって

その同じ仕組みの
上にいる
地球上の
生命なわけで

つまり
同じように

大胆に
変化できるという

可能性と
柔軟性を

ヒトも
持っているって
わけなのだと
思うのですよ

***

そして
ここからは

わたしの
妄想なんだけど(笑

でもヒトって
「意思を持って選択」
するじゃない

そして
自然のルールに
逆らうことができる

そう思った時

ヒトは
その驚愕の
進化への道へ

進めることを
知りつつ

意思を持つ
という選択を

あえてしている
のではないかと
ふと思ったのです。

意思・理性が
邪魔をしている
わけではなくて。

あえて
そのストッパーを
持つことを
選んでいる。

その理由は
ヒトの形でいることを
選びたいから、つまり

ヒトの形で
いることで

何かを
成し遂げたいと
思っているから

***

地球上の
カラダを持つ生き物に
内在する
可能性

それは
ヒトにもある

そして
カラダにある

ということは

魂にも
ココロにも
その他もろもろの

ヒトを構成する
要素にはすべて

そのとんでもない
変化、進化ができる
可能性が

満ち満ちている

そんな自由な
可能性いっぱいの
ココロや魂や
エネルギー

それが
物理的に
制限のある

ヒトのカラダの
今の形と
共にいて
とどまることで

いったい
何をしたいんだろう?

ヒトの形で
いることで
望むものって
なんだろう?

そう考えると
日常の
一つ一つの
カラダのうごきに
ココロのうごきに

エネルギーの
魂のうごきに

目を向けたく
なるのが
不思議

きっと
日々の私の
ちいさい望みの

さらにさらに
先にある望みと
繋がっているんだなぁ

そんな気がして
なんだか楽しくなっちゃう
週末です♪

***
メルマガでは最新コラムを3日早く配信中!
早く読みたーい!
まっきーと繋がりた〜い!
という方はこちらへ→
***

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存