音を聞く

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

集中することがテーマうのアクティビティを2回ほど見た。

その時に言われていた共通のことは、
「必要な情報は入ってくる。集中してもしなくても、
わかるものはわかるし、わからないものはわからない」

ってことだった。あとは、
「フォーカスしすぎず、全体を見る。」ということ。

これが、音楽にも応用できるんだろうか?と思いついたのが最近。

自分が演奏しているときに、周りの音が聴けてなくて、
それをなんとかしたいと常々思っており、
きっとそれにもアレクサンダーは役に立つと期待はしていたのだけれど、
まだそういう質問ができていなくて、という今ここ状態。

毎月ユーロジャズ系の曲をメインにやっているリハバンドで、
いろんな拍子のとりかたがまじりあった9拍子のイントロの曲があり、
その32小節のイントロがいつも、ピアニストと合わなくてここ半年ほど難儀していたのです。

それだけ合わないのによくここまで放っておいた、という声はさておき、
じっくり研究しようと思いつつもなかなか、という状態で今月もリハの日が訪れ、
今日もいちおうやってみることになったのであるが。

最初、やはりところどころあわなくてううむ、と思っていたのですが、
ここにアレクサンダーを応用するとしたら?ととっさにあの
「集中する」のアクティビティを思い出したのです。

今は合わない、と思っているせいもあり、
ピアノのリズムに集中しようとし、譜面にも釘づけ、という状態である。

とりあえずフォーカスするのをやめてみよう、と思ったとたん、
自然と顔をあげ、見える範囲のスタジオの中を再認識してました。

妙に新鮮な眺めな感じがしながらも弾き始めて、
いつもは一生懸命自分の拍子を数えて、
数え切れずにいたのだけど特に数えもせずに弾いてました。

そうすると、今までのように現れる音のタイミングをなんとか捕まえよう、
とするのではなく、自分の聞こえるものの一部、という感じがして
、弾いているピアニストの姿も見え、譜面も凝視せずに済み、と、
今までになくぴったり合ってしまったのです!!

今まで合わなかった、わからなかったあちこちのタイミングが、
ここだ!と確信できた、とかいうわけじゃない。
それなのになんだか相手の流れに乗れて、
合ってしまった、結果的にあってしまった、そんな感じ。
狐につままれたみたいでした。

今まで教わってきたことに照らし合わせれば
「譜面を見るな」という教えに従えば同じ結果が出たのかもしれないのだけど。。。
また、それによりピアニストの動きとかが見えたから
合わせやすかったとかなのかもしれないけれど。

でもそれに合わそうとしたのではなく、あくまでも音、だった気がする。

でも問題解消のための練習もせずに合ってしまうって、不思議だなぁ。
そして、次回以降もそれはお楽しみなのですが、
多分合いそうな予感すらしております。

この話をしたら、知り合いには胡散臭そうにニヤニヤされましたが。
たぶん、集中するコツは集中しないこと、
っていう理解され難い話になってしまうんだな。

あ、でも武術の世界で「力を抜けば本当の力が出る」っていうのと、
なんか似てなくない?ねぇ。

これを、なんとか明確に説明できないと
集中するコツを自分が教えることはできないなぁ。
まだまだ先のことだから、その間によく考えることとしましょう。

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す