いい緊張、悪い緊張?

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

これからライヴなんだ!と言う時、やっぱり緊張しますよね。

緊張するのは決して悪いことではありません。
緊張したり、あがったりしない人は、ミュージシャンには向かないと言う人もいるくらいです。

緊張というのは、いわゆる他人に対しての刺激によっておこる反応。
他人と自分のいい関係を願う思いがあるからこそ、それが上手くいかないことを恐れ、過剰に反応してしまったりする。

音を出し、その音が相手に届く性質のものだということに無頓着でいられたり、めんどくさいと思う人よりは、そうでない人の出す音を聞きたいと私は思います。

この緊張はアマチュアだけでなく、当然プロにも起こります。

でも、プロはそれに押しつぶされずにその場にみあった音楽を提供することができる。
それは、その緊張をエネルギーとして使っているからなのではと思います。

アマチュアでは自分の能力を発揮できなくなってしまったりすることがあります。
私も昔はそうでした。
同じ緊張なのに、何が違うんでしょう?

緊張の質?それを克服するテクニック?慣れ?
私は、緊張に対するジャッジが違うだけなのではないかと思います。

緊張したら嫌だなぁ
ぜったい緊張したくない!

そう言う気持ちは「緊張があってはいけないもの」という根っこから伸びる草なのです。

もし、これがくしゃみだとしたら?
もちろん演奏中にくしゃみをしたらいろいろと不都合は起こりますが、それをそんなに恐れる人はいません。

緊張だって「いい」も「悪い」もないのではないでしょうか?

ただ自分の中に起こる生理現象を、ジャッジせずに許してみてはどうでしょう。
緊張という自分自身と闘おうとするのをやめてみる。
そう感じることは、自分らしさでもあるのだから。
それを止めることはできません。

でもその後の反応、対処をどうするか?
それだったら自分で新しく選ぶことができ、練習することができる。
「いい」「悪い」を決める必要はないし、実はどっちだって構わないのかもしれません。

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す