non doing #0048

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

「doing」
ではなく
「being」

「やり方」
ではなく
「在り方」

今日読んだ本で
はっとした言葉

アレクサンダー・テクニークの
専門用語(笑)でも
Non doing
という言葉があるのだけれど

教える人によって違う解釈がある
ということを前提とした上で
私の学んだ解釈では
「よけいなことをやらない」
という訳だったわけです。

無駄な力を使わない、とか
やりたいことを
邪魔する何かをやめる、とか
そんな感じで

でもたぶん、これは
結果として起こるもので
あえてやろうとすることではない
のではないかと思ったり

そして、
この、Non doingが
言いたかったことって
beingなのかな
なんて、思った訳です。

どんな土地に育つかで
その木になる実の生りが違うように
在り方によってこを
結果は変わる

自分の望む結果は
どんなものだろう?

そして、その結果を
得るための在り方

もう、実は全て知っているような
気さえするのだけれど

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す