指の脱力方法を知ろう♪

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

人間の身体はつなぎ目なく全部が複雑につながり、影響し合っています。
足の太もも部分から、背骨の腰のあたりまでをつなぐ筋肉があるのをご存知ですか?
つまり、脚を楽にしたいとき、背中を緊張させていれば脚は楽になることはないし、その逆の背中を楽にしたいとき、脚を緊張させていたら背中も楽になることはない。
人間の身体はそんな風につながりあって機能しています。

たっぷりチーズの乗ったピザの1ピースを取ったら、隣のピースのチーズも全部連れてきてしまった!
そんなのと似ているかもしれないし似てないかもしれませんがwww

さて、脱力の探究でした。
最初に「指」だけを脱力したい、と思ってみてください。
どのくらい脱力できましたか?

ではこんどは「手首」だけを脱力してみましょう。
その時「指」の脱力加減はいかがですか?

さらに、今度は「肘」だけを脱力してみてください。
同じように、「指」の脱力加減はいかがでしょう?

今度は腕が胴体からぶら下がっている関節だけを脱力すると思ってみましょう。
「指」の脱力加減はどうなりましたか?

今度は「肩甲骨」だけを脱力しようと思ってみてください。
「指」の脱力はどうなってますか?

そして腕の付け根は「鎖骨」だというのはもうご存知ですね? ⇒「腕はどこから?」
今度は「鎖骨」だけ脱力すると思ってみてください。

今までにやった中で、どれが一番自分の「指の脱力」に役立っていたでしょうか?

指~腕~鎖骨~軸という関節での繋がりの中、「軸」に近い部分に緊張があると、その先のパーツの動きは悪くなってしまいます。

軸に近い部分を脱力してしまうと、指先は楽にならざるを得ないのではなかったでしょうか。

さぁ、指に力が入っているなーと思った時、今度からは腕の何処の部分の脱力を考えることにしましょうか?

ちなみに軸に繋がっている腕、脚、両方ともそういった関係になっています。
そしてさらに、それらに対する「軸」にも同じような関係性があり、その大元は頭蓋骨と背骨の出会う部分にあるのです。
その部分を上手に解放する、その話はまた改めるとしましょう。

ぜひ指先の脱力と自分の腕の関係をいろいろ実験してみて、演奏にも使ってみてくださいね。

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.