invite #0041

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

今回の来日分の
キャシーの授業が
終わってしまった

いや、終わりはなくて
次の始まりなのだと
スノホミッシュで言われたっけ

ほぼ4週近くにわたって
キャシーにinviteされ続けた
ということになるんだなぁ

なんだか今回は総合的に
何かとても沢山のものを
受け取ったような気がするんだな

このレッスンで人生変わる!
というような
単発で重量のあるもの
ではなくて

いや、それぞれのレッスンは
なんでそんなことがわかるの?
起きるの?っていう
アメージングなもので
彼女は魔法使いか?と
真剣にと思うくらいなんだけど

もちろん
授業のその場で
へーそうかーと思ったり
役に立つことをいろいろ
受け取りつつ

そことは違う
目に見えないものが
たくさん降り注いだ感じ

まるで落ち葉が
敷き詰められたように

今は処理しきれない
認識でききれないものを
たーーーくさん

きっと、
時間がたって
彼女がこうしていたのは
こういうことだったのか、
こう言っていたのは
こういう意味だったのか、と
はっと気づく時が来て

もしかしたら
それは、本来
意図されたものでは
ないかもしれないのだけれど

落ち葉が
微生物に分解されて
腐葉土になるように
私の中でゆっくり分解されていって

自分の目指すものを
クリアにする必要があった時の
素材となり、
ヒントとなり
助けとなる
そんな確信がもてる気がする何か

そしてさらに
自分が生きて行くにあたって
様々なことに対し
アレクサンダー・テクニークを使う
ということへも
inviteされたような気がする。

そう言うと堅苦しいけど
その楽しいことへの
気軽なお誘い

人という創造物の
作りとデザインを
その瞬間瞬間で楽しむ
自分のもてるものを
遊び尽くす

「面白いよこれ」

っていうお誘い

今ふと考えたのは
キャシーを一言でいうなら
invite
という言葉に尽きるかも

でもこれは、
それが真実である
というわけではなくて
その言葉を
私が今必要としている
だからそう思うんだろう
それだけのこと

この出会いに感謝を♪

See you again in September!

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.