関西出身メロンパンなりサンライズ

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

どうも、メロンパン観察家のまっきーです♪

ここはね

食べたメロンパンについて

つづるコーナーなの。

日本のメロンパン制覇!

という意気込みは全くなく

同じメロンパンも登場し

そして、その度に

評価が違うこともある

という予定。

そういいながら

ちょっと新しいメロンパンに

出会うのが嬉しいこの頃。

このメロンパンとの出会い

夕方、小腹がすいての川崎

朝食用のハードパンをどこかで

補充したいと

駅ビル、アトレをうろうろ

このあともう一軒のパン屋で

買いたくなるメロンパンに

出会うと知っていたら

買わなかっただろう

1件目のチェーン店のパン屋。

チェーン店の中では

そんなに嫌いじゃない

アンデルセン。

まぁ、メロンパンがあったら

買ってやろうかな、くらいの

気持ちで物色。←結構上から目線

おや、このメロンパンは。。。!

メロンパンのいでたち

販売名称:サンライズ

店舗:川崎アトレ アンデルセン

大きさ:高さ3.5cm 直径10cm

比率:1:2.8

包装:店内トレイに山積み

購入後、紙袋に個包装、

マスキングテープで止められ、さらに店のビニール袋に入る

メロンパンを食べるまで

17時頃購入、

自宅まで持ち歩き30分

持ち越して翌日朝11時頃食す。

メロンパンの第一印象

商品名のサンライズ。

これは、メロンパンの発祥

Wikiでググっていただけると

わかるとおり

神戸で呼ばれ始めた名称なのだそう。

なるほど、と思って調べたら

アンデルセンの本社は広島なのね。

納得

いやー、このメロンパン観察日記を

始めてなかったら

「サンライズ?メロンパンの

違う呼び名だったかな?」

と、思っただけで

メロンパンというはっきりした

認識ができず

買わなかっただろうなぁ

いやいや。

名前って大事。

そして、たぶん買わなかっただろうと

思う理由は、この筋目の小ささ

私が思うメロンパンの筋目は

もう少し大きいんだな。

この細かさは、

写真で見るとあまり気にならないけど

実物を見ると

あまり、食指をそそられない

見た目なのよ。

筋の幅でなく、つけられ方に

よるものかもしらんけど。

この筋目のかんじが

あまり、こだわりとか丁寧さとか

愛情とかが感じられない。

丁寧ならいい、というものでも

ないんだけれど

ココロに触れるのは

作った人の意図を

なんらかの形で

受け取れた時

それが全くないかんじがするんだなー

すると、そそられない。

美味しそう!とならない。

ある意味工業製品ですからねー

しかたないですけど。

外袋から出した時に

紙袋に個包装だったことには

むっちゃ感動!

これはいいね!

やるなぁアンデルセン

他はシャワシャワの薄いビニールなのに

メロンパンだけ紙袋!

こういうパンに対する気遣いを

筋目の幅や付け方からも

感じたいのよっ!

紙袋の封は今時な感じに

マスキングテープ止め。

やるなぁアンデルセン←二度目

これは「売れる」デザインですねー

気遣いなのか

おしゃれ演出なのかは

謎だなぁ

しかし、この包装

ポイント高いわ!

そう、まるで

ちょっと流行を取り入れたお洋服を着た

関西出身そこそこ頭のいい転校生、

みたいな感じのメロンパン♪

食べた感じ  

さっくり。しっかり。

ふつう。

たしか、

商品POPには、外がサクサク!とか

書いてあったきがするんだけど

申し訳ないことに

一晩おいてしまったので、

それを確かめるすべはなく

そして評価されるには

とても不利な状態。

ちょっとこの転校生には

かわいそうと言える。

まーしかたないね。

メロンパンあるあるだと

諦めてもらうしかないですな。

表面はね、細かいグラニューが

側面の方まで

きれーいにかかってて

好感もてました。

あと、焼き色も素敵な感じ。

まぁ、ほんとうに

普通のメロンパン、なのですね。

外のクッキー生地はかすかに

バニラエッセンスと

たぶん脱脂粉乳によるクリーミー感

中のパンは、

ちょっとかにパンを

彷彿とさせるようなかんじ。。。

ま、つまり

私的には、パンとして積極的に

食べたいパンのたぐいでは

ないけれど

クッキー生地に包まれ

メロンパンとして

存在していると

食べてしまうという

これってほら、

きのこの山やたけのこの里の

クッキー部分だけ、

チョコだけ、を食べると

これだけだったら食べないな、という

味だったりする

あれだね。うん

しかし、いなり寿司のように

いなり寿司用のご飯や

周りのおあげだけでは

酸っぱすぎたり甘すぎたりで

食べられないけれど

合わせて食べることで

すごく美味しい!

という、

口内マリアージュのための

単品での味を前提としない感じとは

またちょっと違うんだよね

お菓子とか、パンとかの場合は

なんとなく

ごまかされてるような気がするのは

偏見なのかなーーー?

いや、きっとそう感じるのは

自分の舌が

美味しくない、と判断してるのでは

ないかと思う。

きっとイーストフードとか

はいってるのかもなー。

以前ね、

山◯のパンとかも

結構平気で食べてた時代にね

なんかこのパン美味しくないなー

と、たまに感じることがあって

そういうパンの原材料を見ると

必ず「イーストフード」が

入っている、という

体験をしまして。

で、コレ美味しい!と思うと

入ってない。

なので、わたし

イーストフードは

まずいものとして

レッテル貼ってるんだー。

しかしまぁ、大量生産品ですしね。

気のせいでもなんでも

納得いくものだけを

楽しく美味しく食べればいいんですよ

まとめ     

次に見かけたら

食べようと思うかどうか?

一晩置かずに

食べてみてあげたい

気持ちはやまやまなれど

買わないな〜。

紙袋包装にマスキングテープの

包装は素晴らしいから

これには星五つ

つけちゃうけどね!

メロンパンに目がない!

大好き!というわけではなく

できるなら菓子パンは避けたい

なぜなら乳製品、卵、を避けてるから。。。

という状態での身勝手な

メロンパン観察だからな〜

かんにん。

ということで
星1つ
★☆☆☆☆

ちと厳しいかな。

また新たなメロンパンとの出会いに期待♪

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存