見るべきは”問題”ではない

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

たとえば自分の人生を

8つくらいにに分けてみる。

お金、家族、友人、学び、仕事、感情、社会、環境

それぞれに点数をつけて

比べてみる。

バランスがよくないといけないわけでは

ないけれど

他は全部大丈夫だけれど

これだけがね!

と、思うようなものがあるとしたら

それは

そこだけが問題なのではなく

全部が問題なのだ!!!

部分は、部分ではない。

全てがひとつのもので

関係しあい

成り立っているのだから

つまり

「問題と思っているところ」

見るべきはそこではなく

そのほかの部分。

光の当たっていないところ。

そこを

見ていかなくてはならない。

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存