食べることのシンプルさを見直した話♪

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

ヴィーガンのための

代替品とか

代替メニューって

たくさんあるんだけど

なかには

これ、代替メニューでなく

普通のメニューに

してもばっちり!

っていうのもあるの

たとえば、

しっかり水切りした豆腐と、

レモンとガーリックと

オリーブオイルを

まぜた

クリームチーズの代替メニュー

これが

クリームチーズに

負けず劣らず美味しい!!!

そして

今までクリームチーズを

食べる時に

感じていた

かすかな気がかりなく

食べられることに気づく

たとえば

食べ過ぎると

カラダによくないよねー

とか

そういうのを

さっぱり気にしなくて

よくなるのね

リアルチーズに比べたら

好きなだけ食べても

オッケー

おぉ!なんか自由に

食べられる感じ!

と、思いながらも

なんか

ちょっと不思議な

感覚がやってくる

今まで

「あまり食べちゃいけない」

と、自分をある意味

制限していたことで生じていた

さまざまな感情

あまり食べないように、という

我慢のたぐいとか

楽しみを引き延ばそうとか

最大限に味わおうとか

あと、自分の健康に対する

かすかな罪悪感と、

微細な恐れ

よく見ると

自分にとって

役に立つものばかりでは

ないのに

今度はこれらが

ないことで

なにかどこか

物足りないような

気持ちがしている

ヒトが、食べることに

どんな意味を持たせるかは

自由だし

何を楽しむのも

自由なんだけれど

このカラダに

必要なものを

必要なだけ

いただく

そんな単純さを

長らく、

選択肢から

外していたんだなぁ、と

いうことに気がつく

ヴィーガンを

試してみたくなったのは

こんなところに

気づいたら?という

カラダからの

お誘いだったのかも

しれないね

食べる、のシンプルさ

まだまだ

味わっていきたいな♪

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存