信念を手放しても愛されることは変わらない♪

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

昔、演奏に行ったお店で

まかないとして

トン汁を出して

いただいたの♪

美味しかったんだけど

入っていた野菜が

とーっても小さく

切られていて

一瞬、何が入っているのか

わからなかったほど

私が作る場合

なんでも

一口では大きすぎるくらいの、

超ゴロゴロに

野菜を切る癖があるので

それを見て

私ももうすこし

せめて一口で

食べられる大きさに

シチューや豚汁の

具を切ろうかしら。。。

なんて思いながら

でもそれにしても

小さすぎるな〜

ってちょっと不思議に

思っていたら

そこのおウチの

息子さんが帰ってきて

一緒にご飯を

食べ始めた。

ご飯を美味しそうに食べる

その彼は20代後半くらい。

こんな男性には、

あの具は物足りないのでは

ないだろうか。。。?と

思って、あー!って気づく

もしかしたら

彼が、小さい時

野菜嫌いで

お母さんが、なんとか野菜を

食べさせるため

野菜とわからないように

小さく小さく切っていた、

その名残なのでは!

推測だけどね

そう、そして

それはお袋の味でもある

私が作るみたいに

超ゴロゴロ野菜の

豚汁なんかに

出会った日にゃ

食べないか、

食べても美味しく感じないか

あるいは新しい美味しさに気づくか

いずれも自分の常識外という

未知との遭遇が

起こるわけだ。

ビリーフ、信念も

それと一緒だね

幾つもの体験から

そして親の愛から

〜しちゃいけない

とか

〜すべき、とか

そんなのを受け取って

ずーっとずーっと

意識せずに

持ち続ける。

それが

コンフォートゾーンとなって

その人の行動を

決定づけていく

自分で決めた!と

思っていても。

ヒトの成長って

そうやって体験を

積み重ねていくもの

そして

それが当然だから

それを嫌う必要は

全くないんだけど

時々

バージョンアップや

見直しをするのは

いい考えだと思う♪

自分の生きやすさを

考えるならば。

何か自分の常識と

違うものを

よくよく見て

自分の常識も

よくよく見る

自分が望むものが

より近づく

可能性が

見つかることだって

あるから♪

そしてもし

今まで持っていた信念を

手放したとしても

お母さんからの愛は

変わらないし

愛を受け取り続ける

資格もなくならない

それは

間違いないから♪

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存