「正しいフォーム」から「必然のフォーム」へ

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

「正しいフォーム」から「必然のフォーム」へ

みなさんこんにちは!

もっと弾ける可能性をグンと広げる!
動きのアイデアをおすそ分け♪
「腕と手の動きトレーナー」中條マキコです

こうあらねばならない「正しい型」から「必然」のフォームへ
ベースを構える、演奏する時のフォームに、やっと少し出口が見えてきた気がします。

今までずっと、どうもうまく弾けないのは、フォームが悪いからだと思っていました。
プロのフォームを聞いたり見たり、写真や動画なども研究したり。
自分の両足と、ベースの軸は、どういう三角形を描くのがいいのか?
ベースに対してどこに立つべきか、どこで支えるべきか?腕の角度は?指の角度は?

お手本になる構えをしている教則本の写真を真似てみたり、いろいろとアドバイスも受けましたが、まぁ悪くはないかも程度な、そして、もっと楽に弾けると言われながらもそれは全くつかめませんでした。

練習でそれを乗り越えるというのは時間的に現実的ではなかったのと、今のフォームのままで自分の癖として叩き込むように練習しても限界がすぐに来ると感じられたこともあり、練習はサボり気味。
しかし、フォーム改善に対する明確な手立てはありませんでした。
いくら聞いてもそこに至る方法へと咀嚼する力が自分にはなかったのだと思います。

そして、昨年からアレクサンダー・テクニークを習う中で、全く違う側面からのフォームのアプローチが始まりました。

まずなによりも、自分がどう立っているか。
自分の身体を使い、演奏という動きをするためにいかに自由に楽に、自分の構造や仕組みに協力して立っているか。
そこから始まったのです。

そうやって自由に立った自分にベースを近づけ、支え、楽器を自分の一部として含み、自分のやりたいことをクリアに思い描き、いかに人間の自然な動きを土台にして弾くか、探究を続けました。

少しずつ弾き方が改善され、足の指で地面をぎゅっとつかまなくなり、肩の疲れも減り、左手が自由になり、背中が自由になり、右手が自由になり。。。

そして最近、あれだけ言われながら直し切れなかった指板に対する腕の角度、指板を押さえる指先の立て方が、以前こうなるべきと言われていたフォームに自然となっている瞬間に気づき、びっくりしました。

意識してやろうやろうと思ったり、指や腕の角度を気にして直していた時には決して得られなかった質を持っていました。

楽器を弾くときに「フォーム」「姿勢」から入って上手くいく人もいるけれど、自分は違った。
結果的にそうなっている、という「形」だけをいくら真似ても、よりよく動けないのは当たり前といえばそうだったのかもしれません。

今後も探究は続きます。

[adrotate banner=”5″]

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.