腕のぶらぶら〜〜〜を楽しむ♪ #0122

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

今日は海老名のよもぎ鍼灸院へ♪
 
年末からずっと
右肩〜腕のトラブルを
みていただいてます
  
鍼灸だけでなくて
クラニオセイクラルも合わせて
やってくださるし
 
こちらの先生
アレクサンダー・テクニークの
同窓ということもあり
いやーほんとに
頼りにさせていただいてます
  
調整していただくと
身体が素直に
その時なりに
落ち着いてくれる感じ。
  
今日もね
終わったら
腕がいい感じに
ぶら〜〜んとね
 
腕構造が
肋骨に乗っかって
肩先から指先までが
自然に
ぶらぶらするのですよ。
 
これねー
あったりまえなんだけど
たぶんあったりまえに
できる人って、まず
いないんじゃないかなぁ
 
いなくても
それもあったりまえなんだけどね
 
身体は一人一人
違うし、左右だって違うし
人それぞれ
やりたいことの優先順位が違って
それに対して自己流に
身体を使っていて
 
それはたぶん
個性とも言える。
 
それがいいとか悪いとかの
意味ではなく
できるかできないかは
問題じゃなく
 
こんな可能性が
自分の身体に
あったのかー
っていう
そんな感じの
驚きと
なによりそう
こんな身体が喜ぶ
使い方が
あったのかーっていう
そういうことね。
 
最近、
身体とココロが
本当に分けようもないことを
実感しまくっているのだけれど
そんなブラブラの腕を
楽しんで歩いていたら
 
行く時にしていた
考え事のモヤモヤが
なくなってて
帰り道では
「あれやろーっと」
と、次の行動を考えてて
なにやら晴れやかな気分に
なってることに気付いた。
 
身体が変わると
ほんとに
考えが変わっちゃうんだなぁ
身体が喜ぶって
すごいなぁ。
  
最近この
身体とココロのつながりっぷりを
実感することが多くて
面白くってたまらない。
 
どれだけ分けて
考えてたんだ、と思ったけど
分けて考えてた、というよりも
ココロが反応しても
身体が反応するのを
無視していたんだな
 
そして身体が反応しても
ココロが反応してることを
無視していたんだよねぇ〜
 
そこを面白がれるってことは
無視できなくなってきた
ということでもある。
 
無視したらアカンよね
自分の身体なんだから
  
さらにさらに面白くなりそう♪
 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す