これもひとつの境界線 #0121

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

最近
レジ袋を
極力もらわないように
している

前から
なるべくもらわないようにと
したいとは
思ってたのだけど
思ってるだけに
なってた

しかし
部屋の改装をして
収納を見直した時

たまっていた
レジ袋に
嫌気がさしたのとか

レジ袋撤廃の
活動をしたティーンエイジャーの
話をTEDでたまたま
みたりしたこともあって

なんとなく
以前よりはもうすこし
積極的に
もらわないことをしていた

しかし
外で何か買って
そのあと
ゴミ袋が
必要になった時に
もらえば良かった〜
と思ったり

エコ、なんてものを
意識すると

もらわない=いい
もらう=わるい、後ろめたい

という基準が
うっすらと
自分の中にできたりして
自分で選んでいる
という自由感が
なかったり

どこかに
スッキリしたい感は
ありつつの
レジ袋もらわないを
やってたわけだ。
 
そして昨日出かけて
目的地途中で
買い物した時

その後も
ゴミ袋は
必要にならないと
確認し、
レジ袋をいりませんと
言って、はたと
気がついた。

「あぁ、私は
自分の生活空間や
時間や気持ちを
なぜだか引き受けてしまったもので
侵蝕されたくないんだ!」

だから
必要ないものを
部屋に運び込まない
という選択をして
それを実行するんだ♪
 
はあーなるほど。

2円安くするためや
エコのためでは
全くなく
限りなく自分のため
 
不便や手間を楽しむことも
それなら納得しつくして
やれるなぁ。。。

はぁーそうか〜〜

そして、あら
これもバッチリと
境界線という
話題だよねぇ♪

クレンズ&アナトミー効果で
こんなのも出てきたかー
 
やるなぁ
シータヒーリング

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す