時間のルールに自分を当てはめすぎちゃーダメよ♪

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

ネットの広告で
よく

シミ消しとか
関節用サプリとか

表示されちゃうんだけど

年齢的に
判断すれば

そりゃ反論する
余地もないんだけどさ

その広告の根底に潜む

「年をとったら醜い」
「若さに価値がある」
「年をとると身体が動かない」

という
ネガティブな思い込みが

どうも居心地悪いよね

だって、それは
真実ではなく

ただの
思い込みなんだから

繰り返し言われたら
無意識レベルに
「思い込み」として

蓄積されるじゃ
ないのさっ!

「若さ」って

今世を生きる
肉体の

物質的な鮮度が

どのくらいいいか
っていう

そういうものさし

鮮度がいい方が

肉体の
うごきとして

柔軟性が
高くて

組織としても
活動が活発で

大きなエネルギーを
生み出せて

それに
対応・処理できる

それは真実

でも
人間を構成している

そのほかの
魂やエネルギーや

さまざまな
レベルのものごとも

*ここでは
ひとくくりにして
ココロと呼んでおく

それと同じく
可動域や
柔軟性や活発さ

そんなものすべて

年齢とともに
衰えていく

っていうイメージを
わたしたち
持ってしまってない?

ちが〜〜〜う!

ちがうのだ!

シワはどんどん
ふえるし

たるみも
おおきくなる

代謝も
悪くなる!

(きゃ〜〜〜〜>_<)

しかし!

物質のそういう
ルールは

ココロには
あてはまらない!

身体は時間を
逆行できないけれど

ココロには
時間のルールは必要ない

しかもネガティブさを
感じさせる部分だけの!

思考、タマシイ
エネルギー
その他さまざまな
レベルの

わたしを構成する
ものたち

それは
いつでもピカピカするし
ワクワクできるし

喜びに
ふるえることができ

時間を遡る
ことだってできる

シワにクリーム塗ってる
場合じゃな〜い!

もう若くない
とか言ってちゃ
ダメダメ!

自分が持てる
物質の「今」の

その刻々と変化する
可動域や柔軟性には

ていねいにていねいに
寄り添いながら

でもその制約が

ココロには
あてはまらないってこと♪

しっかりと
思い出しながら

この旅路を
続けていこう

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存