本番前の、My Favorite Things

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

My Favorite Thingsと言う歌をご存知でしょうか。
映画「サウンドオブミュージック」で使われた名曲で、よくジャズでも演奏されます。
小学生の時この映画が好きだったので、ライヴなどでヴォーカリストさんからこの曲をさしだされるとちょっと嬉しかったりします♪

どんなシーンで使われたのかは忘れてしまったので調べたところ、雷を怖がった子供たちがマリア先生の部屋にやってきた時に歌われるのだそう。

内容はというと、薔薇の上の雨のしずくや子猫のひげ、紐でくくられた茶色の小包や、林檎の焼き菓子やそりの鈴。。。などなど、お気に入りのものが羅列された歌。
知り合いのヴォーカリストが、呪文かおまじないみたいな歌と言っていました。

そして歌の最後は、ついていない時や元気のない時でも、お気に入りのものたちを思い浮かべると悪い気分はどっか行っちゃうのという雰囲気で締めくくられます。

怖い時、悲しい時に好きなものや楽しいことを考える。
とりたてて目新しいことではなく、普段からそういうことは何気なくしていますよね。

これ、ライヴやセッションなどの本番前に無駄な緊張をとりのぞくのにも有効なんです!

自分のお気に入りのものや人や瞬間など、そういうものを思い浮かべると、何かこう気持ちがホッと緩むような気がします。

これから本番だ!という気持ちに対して身体の準備をしてくれるアドレナリン
アドレナリンが働いてくれるのは歓迎なのですが、つい普段と違う状態になるので私達はつい考えすぎてしまったり、怖くなってしまったり、ということが起こります。

そんな時に気持ちがちょっぴり緩まるMy Favorite Thingsを唱える。
そう、まさしくおまじないを使うようなもの。
好きなものを思い浮かべた時の、どこかうれしいほっとするようなエネルギー、それが、やりすぎてしまう身体の、心の緊張をちょっぴりほぐす役に立つのです。

本番の前、歩き回りながら
「私は●●が好き。 私は●●が好き」
と、次々に言っていきます。
ただ好きなもの、にっこりできるものを思い出して口にするだけ。

決まりはありません。
食べ物でも人でも、自然現象でも、何かの瞬間でも、言葉でも。
本当に自由に、自分が好きだなぁと思えるものならなんでもOK。

しかしいきなり本番前にやろうとすると、意外といくつも思い出せなかったり、迷ってもしまいがち。
自分なりのMy Favorite Things 歌えるようにしておくのがいいかもしれませんね。

私の場合、食べ物率が高くなってしまいそうな予感もするのですがwww

———
9日間のメルマガレッスン♪
「ライヴで、セッションで、自分の実力を120%を発揮するための9つのヒント」
登録はこちら⇒

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す