望みへ一歩踏み出したことこそ、祝福すべきもの

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

望みに向かう
というのは

どんなことなんだろう?


自分を満たす

自分に
イエスをいう

というのは
いったい
どんなこと?


自分が
やりたいと
思ったことを

なんでも
許す、という
意味ではない


やりたいと
思ったことをして

どんな結果に
なったとしても

その結果を
ジャッジメント
しないこと


一歩踏み出すという
行動を
起こしたことを

認めること

評価すること


自分の
望みへ向かって
行動をおこした

それを
成長として
祝福すること


自分の成功や
成長を

ある
一定の感情に
結びつけないこと


「成功の手応え」
とか

うまくいった感や
ヒトに喜ばれたとか
選ばれたとか


そういうものだけを
成長や成功の
「あかし」としないこと


そういうものがないと
自分の成長を
評価しない

というのは
自分にちょっと
厳しいよね


感じるのではなく
ただ行動する

望みに向かって

それに
Yesを言おう♪


結果は

ただ
訪れる

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加