自分の小さな望みを丁寧に扱うからこそ、大きな望みも上手に扱える

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

ショッピングをして
帰ってくると

なんとなく腰がだるい
ということが
よくあったんです


散歩なら
3時間くらい歩いても
なんともないのに

1時間くらいの
ショッピングで
不思議だなと
思っていました。


腰にだるさが出るのは
主に洋服などを
見に行った時

なので、
アレクサンダーテクニークの
アクティビティとして

お店に入る時の
シュミレーションを
やってみることに
しました


他の方に
店員役を
やってもらい

普段通り
洋服を見に
ショップに入るところを
再現


店員役が
話しかけてきます

見てるだけですと言って
ショップを離れます


そして次は
アレクサンダーテクニークを
使うことにしました

ショップに入る時

”自分自身が協調して
動くことをお願いする”

そうすることで
洋服を見ることができる

そういうプランを
実行しながら
ショップへ入ります


すると
話しかけてくる
店員に

さっきより
すんなりと

見ているだけだと
告げることができ

居づらい気持ちも
起きずに

自分のタイミングで
ショップを離れることが
できました

今回は
ちょっとした
ためらいや
余計な憶測や

わずーかな
迷いや

そういったものが
なくなったように
感じました


たぶん
店に入ることによる
些細な刺激が

私の腰のだるさを
引き起こす

身体のどこかの
緊張に

結びついていたのでしょう


店員役の方から
フィードバックとして
1回目の方は

押しに負けて
買いそうなお客さん
という印象を受けたそうです

2回目の方は
この人買わないな、と
はっきり感じたそう


そのフィードバックは
自分の気持ちの
ありようとも

確かに
対応していました


これがきっと
「店員に
話しかけられないようにする」
というプランだったら

上手くは
働かなかったでしょう


何を望んで
何をしたいかを
クリアにし

それをどんなふうに
やるかという
プランを立てる

アレクサンダーテクニークは
そんなふうに
とてもシンプル


ショップに入り
店員の呼びかけに答え
見たいだけ洋服を見て
ショップから出る

普段から
そんなことは

特に意識せずとも
もうすでに
だれでもできています


腰が多少だるくても
すぐに治るでしょう

整体や鍼に行けば
積極的に
解消もできます


こんな些細なことに
取り組まなくても

別にいいような
気もするかもしれません


でも実は
小さなことだけれども

実は自分が
やりたいことが

自分がやりたいようには
できていなかった


そんな
自分の人生の

ちょっとした
居心地のわるさや
曇りを取り除くことは

自分にとって
居心地のよい
人生を選び取ることに

つながるのでは
ないでしょうか


自分の小さな望みを
丁寧に扱えないとしたら

どうやって
大きな人生の望みを
上手く扱えるのでしょう


長い時間歩いたから
荷物が多かったから
もう歳だから

などと
腰のだるさに

自分でその
理由付けをして

しかたないことと
片付けるのは
本当に
もったいないこと


自分がやりたいように
できていないよ!

というカラダからの
メッセージを
無視しないで


そんなふうに
自分のココロとカラダと
魂とのじぶんぜんぶと

丁寧に
つきあうことは

自分を満たしてゆく
ことにも
繋がっていくはずです

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存