自分をつくりあげているもののすべてのデザインに沿うという取り組み

シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

アレクサンダーテクニークを
学び始めて6年目

そして、
シアトルへ
合宿に行き始めて
今年で
5年目


アレクサンダーテクニークって
何なのか?

それを
説明しようと
した時の

そのつかみどころの
なさに
ずっと
振り回されて
いたのだけれど

今回の合宿で
何かがとても
スッキリした
気がした


アレクサンダーテクニークは

ヒトがやるすべてのことを

「どうやるか」
「いかにやるか」


それをより
その人すべての

デザインに
沿うものに
していくには
どのようにやるか?


それに取り組むという
シンプルなもの


たとえば
考えるときに
自分全部を
いかに使うか?

部屋で何かを
探す時に
自分全部を
いかに使うか?

他人と雑談する時に
自分全部を
いかに使うか?


そんな
今まで
無意識にでも
できていたこと

人が行うこと
すべて


自分の望みを
大切にしながら

「どのようにやるのか?」

を、見つけていく


それは自分に
向き合い続ける
ことであり

自分に
誠実であり続ける
こととも言える


もちろん
ピアノを弾く
とか

走るとか

ヨガをするとか

そういうことは
もちろん
人生の
大きな出来事として

とりくみの
成果が出やすいの
だけれど


もっと日々の
小さな出来事

かさねてゆくことで
人生と呼ばれる
ものとなる

そういった
日々の
ちいさなちいさな
望みを

より自分の
ココロの、カラダの
たましいの

そのほかすべての
自分を作り上げている
ものの
デザインに沿う
ものとする

そんな
人生をも変えてしまう
日々の取り組みに

たくさんの人を
お誘いし

招待状を
送り

共に歩きたい♪


そう、
改めてつよく
思ったのでした。

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存