緊張する自分を嫌わない

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

自分が何かに緊張するという自分らしさ

人前で緊張する

それは、

人として当然のことです。

自分以外の存在が

敵か味方か

その判断は本来

生死をわけるものでも

あったわけですから。

その防御機能が

きちんと働いてくれることを

まずは歓迎しましょう

でも、

自分がやりたい演奏

それに、緊張することで

支障をきたしてしまう

そしてそれを

コントロールできないと思うと

どうしても、その緊張を

なくしたい!

直したい!

やめたい!

なんとかしたい!

という願いを持つものです。

でも、その今出会っている事柄に

緊張する、というのも

実は、誰でもない

あなたらしさであること

忘れないでください

なぜ緊張するのかは問題ではない

今まで生きてきた中での

なんらかの経験があって

なんらかの思いがあって

それゆえにその緊張が

生じてしまっている。

結果的にそれに

困っているとしても

それは、自分らしさなのです。

自分を困らせるために

緊張しているのではなく

何かあなたらしい理由が

あってやっていること

その理由に基づいて

完璧にシステムが

働くからこそ起きていること。

それを

消し去ろうという努力は

しないでください。

緊張を消して

自分でないものに

なろうとしないでください。

緊張するのは

人間のシステム的に当然の反応なのです。

緊張するのならどうするか?を考える

緊張をなくすというのは

無駄な努力なんです。

人間が

自分の身を守る方法として

使ってきたシステム

なのですから。

当然起こるもの

という前提で

それではどうしようか、

という取り組みを考える

そこの対応をどうするか

それで個性も生まれるのです。

緊張はそうやって付き合っていくもの。

その最初の一歩が

緊張する自分を嫌わないこと。

緊張する自分を

ダメなやつと思う必要はないのです。

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す