演奏するときに持つべき自信とは? #0092

ココロとカラダの癒しエデュケーター
シータヒーリングインストラクター
アレクサンダー・テクニーク教師
中條マキコです♪

自信の反対は劣等感?

自信の反対って
なんだと思います?

辞書によると
劣等感だそうです。

だからこそ
練習して
上手くなって
自信をもって
演奏できるように
なりたい!

と、誰もが
思うわけですね。

上達しやすいココロと身体を磨く
ベース上達トレーナー
まっきーです♪

しかし、
上達トレーナーの
まっきーとしては
この「自信」については
全く必要ない
ないほうがいい
とすら感じます。

なぜかというと
劣等感は
人と比べることで
発生するもの
だからです。

「人と比べる」
これって
「自分が上達しやすい
ココロと身体でいたい!」
「演奏しやすい状態でありたい!」
と、思うなら
邪魔にしか
なり得ません。

反対語ということは
同じ物差しで
ものごとを
計っているわけです

つまり、
この場合の自信は
人と比べることによって
得られる自信。

そのものさしのメモリが
少ないか多いかだけで
劣等感も自信も
人と比べていることに
代わりはありません。

人と比べることは役に立たない!

人と比べるのは
大概役に立たないほうに
作用してしまいがちです。

上手くいったことや
上手く弾いている人との差

それを情報として
じゃ、こうしたらいいかな?
もっとこうすればいいかな?
と、工夫するのは
結果的に
上達につながります。

しかし、比べることで
今の自分が誰かより
何かより
劣っていることを
意識する
これは
精神衛生上もよくありません。

また、その考えが
身体に及ぼす影響は
身体を動きづらくする
だけのものです。

そして、
上達する、学習する
それに必要な脳の働きを
悪くしてしまうのです。

イソギンチャクを
突っついたように
ココロも身体も
ぎゅーっとしてしまうわけです。

劣等感を感じることは
上達したいという
望みに拮抗する
身体やココロの状態を
作り出してくれるのです。

だからこそ
「人と比べる」ということが
匂ってくる言葉は
使いたくないと思います。

後悔をしないという自信を持つ

こういうものの上に
積み重ねられた自信が
100あったとしましょう。

たとえばライブ時の
ミスで、自分の自信が
99になってしまった。

この時、まだ99あるからと
自信を持ち続けられると
思いますか?

答えはたぶんノー
欠けてしまった1が、
劣等感を強烈に
感じさせることでしょう。

比べるというのは
非常にやっかいです。

やらないで済むなら
やらないに越したことは
ありません。

でも、
比べてしまったら?
それを悪いことだと
感じるのも
また、自分を
攻撃することになります。

上達トレーナーとして
提案したい
自信の反対語は
「後悔」

自分の出した音に後悔せず
自分の選んだ音に後悔せず
どんな結果をも後悔せず

後悔しないことを
知っているからこそ
どんな音も出せる

後悔しないからこそ
どんな結果になるかを
杞憂せずに
チャレンジできる

つまり
後悔しないと
信じられることが
自信なのではないかと
思うのです

そのココロの持ち方は
ココロと身体の状態を
上達しやすい状態
学びやすい状態
動きやすい状態
にするのに
役に立ってくれます。

そして、それは
後悔しないと
決めるだけでできることなのです。

自分の役に立つ
「自信」を
選んでみませんか?

***
無料メルマガ【まき通】ココロとカラダをふっくら満たすまっきーサロン通信♪  
 
無料メルマガ【まき通】、まっきーサロン通信は
どうしたらヒトがその本来の可能性を、ラクラクと発揮し
愛と喜びに満ちた人生を送れるのか?を探求する旅路へお誘いする
まっきーからあなたへの招待状です♪ 
 
ヒトは、ココロ、カラダ、魂、エネルギー、そしてカラダを助ける細菌たち
そういったさまざまなもので成り立っている生命体。
その全て、ホールセルフと協調し、環境と協調し、ヒトと協調し
そこに育つものを受け入れ、還していく
本来備わっている豊かなしくみを知り、使い、活用し、
自分が住みたい世界を創り上げる。そのための
ベイビーステップとなる気づきを、メルマガでお届けしていきます♪ 

シェア&いいね!いただけるとシッポを振って喜びま〜す\(^o^)/♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す